食べる

【精進フレンチ”秋”】当日のコンテンツ~知識編~

参加募集中!

【ご好評につき、第2回開催!】
旬の料理を”ただひたすら”味わいませんか?

フレンチレストランと禅寺のコラボイベント「精進フレンチ食事会」。
次は、「秋」をテーマに開催します。

概要

当日の流れ

・《知識編》 精進料理について、アムールについて、初めての方向けに説明します。
・《実践編》 3分間、会話もスマホも止めて、ただひたすら味わいます。
・《食事編》 最後は思う存分食事を楽しみます。

会場

大法寺(駐車場を無料で使用できます)

プロデュース

糸島のフレンチレストラン「Bistro&Beer Bar AMOUR」

前回の様子

当日の内容

ここからは、当日の内容を掲載いたします。

コンテンツをそのまま公開することになりますが、もともと内容ではなく体験を提供したいという想いです。内容自体に価値は特にないと思います。

逆にいえば、「当日どんなことをするのか」については、下記の資料を使ってそのまま進みます。ちょっと様子を見るというのに適しているはずです。

【オープニング】問題提起

オープニングでは、いつもの食事について、思い出していただきます。普段の食事は、テレビを見ながら、、等、なんとなく済ませている方も多いのではないでしょうか。

それ自体は、全く否定するつもりはありません。しかし、やはり、なんとなく食欲を満たして終わらせがちになります。そんな食事が続くと、いろんなことが起こりえます。

その代表が、「食べすぎ」です。忙しくて食事をおろそかにしがちな人が太ってしまう姿が簡単に想起されますが、その通り、「味わう」と少量で満腹感が得られるといわれています。

オープニングは、たまには、ゆっくり味わうことをしませんか?そのために、お寺という環境で体験してみませんか?というささやかな問題提起をしています。

【自己紹介】案内人について

案内人についての自己紹介です。一度、一般のビジネスパーソンを経験したお坊さんであることを伝えたいというくらいです。

「案内人」を名乗っている通り、何か知識や技術を教える立場ではありません。あくまでみなさんと一緒に楽しみます。食事を楽しむことにメソッドも何もありませんので。

【前提】マインドフルネスとはなにか

マインドフルネスという言葉の意味を事前に共有しておきたいので、前置きとして登場させます。マインドフルネスは、ここ数年、流行になっているので、聞いたことがあるフレーズだと思いますが、その意味は非常に多義的です。

今回は、マインドフルネスを「とにかく今に集中すること」とだけとらえます。要は、今に集中していれば、何でもよいから、それがマインドフルネスであるとしています。

マインドフルネスには、呼吸瞑想やヨガなどありますが、その中で「食事」に集中するという意味で、今回の精進フレンチをマインドフルネスとして過ごしていただきたいというメッセージです。

料理プロデュース店について

精進フレンチをプロデュースしてくれるお店「アムール」の紹介です。

糸島市にある、フレンチレストランです。私も何度も食事したことがありますが、美味しい、しかし敷居は高くなくフレンドリー、クラフトビールも豊富という、魅力的なお店です。

精進フレンチのプロデュースをされるのは、そのコンセプトが精進料理と共通している部分があるからです。

アムールは、旬の野菜を、丁寧に料理し、丁寧に提供されるお店です。そのお客さんも自然と丁寧に食事をします。これが、精進料理やマインドフルネスを価値観を共有できているのです。

同じ飲食店でも、「とにかく大量に仕入れて、速く調理し、1円でも安く提供し、客数を回転させる」ことをコンセプトとしているお店とは価値観が異なります。(もちろん、速く安く食事したいときには便利ですが。)

今回の精進フレンチに関係なくとも、純粋に食事をしに行かれても、きっと満足できるはずですよ。

 

以上、②に続く